骨粗鬆症の予防に!骨を強くするサプリメントはこれ

骨粗鬆症予防と骨を強くするサプリは?

骨粗鬆症は女性に多いといわれます。特に、閉経後の女性や、ダイエットなどで栄養に偏りある人は気を付けた方が良いといわれます。

 

もちろん、男性でも加齢や生活習慣により骨粗鬆症になります。年レを重ねた人はもちろん、若い人も自分の骨密度の知っておくことは大切です。

 

骨の強化・骨密度アップに!

 

骨粗鬆症の改善や予防は、カルシウムだけ摂ればよいのではありません骨を作るコラーゲンや吸収を助けるMBP、ビタミンD・Kなども必要です。当サイトでは、骨粗鬆症の予防によいサプリメントを大特集。独自成分を配合して、カルシウムの吸収を高めたり骨芽細胞を活性化させるなど、骨を強くする工夫がされています。ぜひ参考になさってください。

 

骨強化サプリランキング

大正カルシウム&コラーゲン MBPの特徴

骨密度が気になる方におすすめのサプリです。日本人に不足しがちなカルシウムを、マグネシウムとともに最適なバランスで配合しています。しなやかな関節や肌にも嬉しいコラーゲンが一緒に摂れます。骨の強さをサポートする注目成分MBP、ビタミンDもしっかり配合されています。1日めやす5粒にカルシウム300r配合。持ち運びに便利なアルミ個包装は成分を酸化からも守ります。製薬会社製造の安心サプリです。

価格 1,000円
評価 評価5
備考 カルシウム・コラーゲン・MBP

 

魚の骨からつくったカルシウムの特徴

吸収しやすい魚の骨のカルシウムで骨粗鬆症を防ぐサプリ。人間の骨と同じカルシウムをもつ魚の骨を使っています。マグネシウムや鉄などのミネラルも含有。高温で焼き、微粒子に粉砕することで、さらに吸収率をUP。吸収を助けるビタミンD・K、カルシウムの溶けだしを抑制する大豆イソフラボンをプラスしています。1日めやす1粒は、噛んで食べるラムネタイプ。錠剤が苦手な方にもおすすめです。

価格 1,828円
評価 評価4
備考 カルシウム・コラーゲン・ビタミンD・K・イソフラボン

 

サントリー カルシウム&マグネシウムの特徴

原料と配合のバランスを追求した骨粗鬆症サプリです。不足しがちなカルシウムを手軽に摂れるタブレットにしました。吸収性にすぐれた卵殻由来カルシウムを使用。丈夫な骨をつくるためのマグネシウム、吸収を助けるCPP(牛乳由来成分)をプラスしています。1日めやす4粒で、推奨摂取量の約4割を補えます。栄養機能食品です。

価格 900円
評価 評価3
備考 カルシウム・マグネシウム・CPP

 

骨粗しょう症とは

 

骨粗しょう症というのは、骨密度が低下することによって骨の中がスカスカになってしまい、それによって軽い衝撃でも骨折をしてしまう病気になります。前かがみの姿勢になってきたり、身長が縮んだなと感じたら骨粗しょう症を疑ってください。また、気になっている方は医療機関などで骨密度を測ることが出来ますので一度、自分の骨密度を把握しておくということが大事になります。

 

また骨粗しょう症になると、椎体圧迫骨折や脊柱変形になってしまう恐れがありますが、そうなるとふらつきが多くなってきます。ふらつきが多くなってしまうと、それによって安静にしようとなり歩かない時間が増えてしまって、それによって筋肉が落ち、めまいが酷くなることもあります。ちなみに、骨粗しょう症が耳石のカルシウム代謝に悪影響を与える可能性もあります。良性発作性頭位めまい症を患っている患者に骨粗しょう症の治療を行うとめまいが改善されたということもあります。

 

逆に骨粗しょう症によってめまいを誘発することもありますので気をつけましょう。ちなみに日光に当たらなかったり、運動不足になると骨粗しょう症の症状は進行してしまいますので、出来るだけ動くことをオススメします。

 

もちろん、外に出るとなると骨折の危険性も高まってきますので、その点には気をつけて出かけるようにしてください。とにかく骨に負荷を与えることが骨粗しょう症の予防になりますので、ジョギングやウォーキングをしなくても出来るだけ階段を使ったりするなど意識するということが大切になります。

 

骨粗しょう症の患者数

 

骨粗しょう症に関心をもつという方が増加していますが、そもそも骨粗しょう症の患者数自体が年々増加傾向にあります。日本では、現時点で1000万人を越える方が骨粗しょう症を引き起こしており、その8割が女性になります。そもそもどういった病気なのかというと、これは極端に骨の強度が弱くなって、軽い転倒だけでも骨折してしまうという病気です。骨粗しょう症を防ぐためには生活する上で意識を高めるということが大事なことになりますが、どういったことをすればいいのか説明します。

 

では、骨粗しょう症にならないためにはどうすればいいのかということですが、まず原因を知るということから始めましょう。主な原因は運動不足、バランスの悪い食生活、喫煙、過度の飲酒、ホルモンバランスの乱れががあり、これらを整えることで骨粗しょう症を予防することができます。これらの原因をまず把握して原因を避ける方法をしりましょう。

 

たとえば運動不足ならウォーキングやジョギングなどを始めたり、食事の栄養が偏っているのでしたらカルシウムやビタミンD、ビタミンKを意識して摂取するようにしましょう。喫煙や飲酒は出来るだけ控え、ホルモンバランスを整える薬を服用したりすることで予防できます。

 

また、過度のダイエットなどでも骨粗しょう症になることがあり、最近では若い方でも女性を中心に骨粗しょう症になるという方も増えてきています。ですので、もし過度なダイエットを現在しているのであれば、極端な食事制限や運動不足は避けた方法に変えるようにすることをオススメします。

 

骨粗しょう症の治療は薬が中心

 

骨粗しょう症というのは、骨が脆くなって骨折をしやすくなるという病気です。引き起こす原因には加齢、閉経をはじめ、それ以外にも栄養が偏っている、運動不足なども挙げられています。ですので、骨の生活習慣病とも言われており薬が治療の中心ですが、食事療法や運動療法も平行して行えば予防になります。

 

ちなみに、現在治療に使われる薬ですが 活性型ビタミンD3製剤、 ビタミンK2製剤、 女性ホルモン製剤、 ビスフォスフォネート製剤、 SERM、 カルシトニン製剤が主な薬となっています。ただ、どんどん新しいタイプの薬が出てきてることも覚えておきましょう。

 

また、これらの薬と平行して行う日常生活の改善ですが、まず食事です。骨密度を意識した食事を心がける必要がありますが、カルシウム、ビタミンD、ビタミンKといった骨密度を増加させる栄養素を積極的に摂取しましょう。薬の効果も食事から栄養素を摂取するのとしないのとでは大きく変わってきます。

 

次に運動療法ですが、運動しないことによって骨密度が低下していくことがあります。それを避けるために骨にカルシウムを蓄積させないといけませんが、それには体重をかけるということが大事になります。いきなり無理して運動をする必要はありませんが、日常生活の中で階段の登り降りを積極的にやったりなど少しずつ運動量を増やしていくことが大事です。ちなみに、骨密度が下がるのを予防するのに有効なのはウォーキング、ジョギング、エアロビクスになります。

 

薬を服用しつつ、食事や運動など日常生活に気を付けることで予防はできます。ただ、それに加えて転倒などに気を付けないと思わぬ骨折を招く危険性があります。

 

骨粗しょう症は産後になりやすい?

 

骨粗しょう症は高齢者の病気と思っている方も多いですが、産後のお母さんも骨粗しょう症になりやすいんでえす。現時点での骨密度を知って将来骨粗しょう症にならないように気をつけておくことは重要なことになります。

 

そもそもどうやって骨密度を調べるのかというと、医療機関で調べることも出来ますし、地域によっては自治体で測定してくれる施設もあったりします。もし今まで骨密度を測った事がないというのであれば、一度測ってみてください。ただ、どういう検査かわからないので不安だと思いますので、説明しますが検査方法は色々あります。

 

その中の一つが超音波法であり、これは片足だけ裸足になって測定器具におき少し強めの力で両側から10秒程度挟まれるものです。ただ、検査結果に多少時間がかかりますので、1時間くらいは見ておくといいでしょう。

 

ちなみに骨密度というのは20歳までしか蓄積することができません。ですので20歳を越えているという方は今の骨密度を維持するということを考える必要があります。また、女性はエストロゲンという女性ホルモンが分泌されていますが、この分泌が低下するとカルシウムが骨から溶け出すのを促進してしまいます。出産や授乳によってエストロゲンの分泌は極端に低下するのでそれによって骨粗しょう症を引き起こしやすくなってしまいます。

 

では、骨粗しょう症を予防するためにはどうすればいいのかというと、まずカルシウムを補給しましょう。乳製品や小魚、小松菜、大豆製品などを積極的に食事に取り入れてください。さらにビタミンDと一緒に摂取することでカルシウムの吸収率を高めるのでビタミンDも摂取しましょう。また、運動不足も骨粗しょう症を促進させてしまいますので、軽めでも運動をすることをオススメします。

 

骨粗しょう症改善にカルシウム摂取はゴールデンタイムを利用

 

カルシウムを含む食べ物というと思い浮かぶのは牛乳やヨーグルトの乳製品だとは思いますが、それ以外にも小魚や小松菜、ほうれん草などにも豊富に含まれています。カルシウム不足になると骨粗しょう症になるとよく言われており、今では日本での患者数は1000万人以上になります。また、骨粗しょう症の予防に関してカルシウム摂取が大事だということを覚えておきましょう。

 

では、骨のゴールデンタイムについて説明しますが、そもそも特に高齢の女性にとってカルシウムは必要不可欠な栄養素になります。ですが、カルシウムをしっかり摂取して、それを維持するということは非常に大変です。ですのでしっかりとカルシウムを効率よく骨に変える時間帯を把握しておくことが非常に大事なことになります。ちなみにその時間帯が骨のゴールデンタイムです。

 

では、早速骨を効率よく丈夫にするための摂取時間に関してですが、ざっくり言うと朝ではなく夜に摂取することがいいと言われています。具体的には就寝前の1時間半から3時間半までには摂取しましょう。カルシウムというのは日中は骨や筋肉などのエネルギーに使用されますので、朝や日中に摂取しても骨に定着することが難しいです。しかし就寝後1時間半〜2時間半頃からカルシウムの取り込みが始まり、さらに動かないことでエネルギーとして使用されることはありませんので就寝前に摂取することで骨に定着しやすくなります。

 

ですので就寝前に牛乳1杯を飲むことによって骨密度を高める事ができます。また推奨量を毎日維持するということも大事になります。骨粗しょう症が気になっているという方は是非一度骨密度を測ってみることをオススメします。

 

丈夫な骨を維持するために必要なこと

 

加齢に伴って骨密度は減少していき、特に女性は閉経後に急激に骨密度が減少してしまいますので、骨密度を十分に保つ為にカルシウムをしっかりと摂取し、カルシウムの吸収する栄養素を食事に取り入れる必要があります。また、適度な運動によって骨代謝を盛んにして骨を強くしましょう。

 

その上で食事は骨の元になるカルシウムはもちろん、骨代謝を高めるビタミンD、っそいて骨の形成を高めるビタミンKを十分に摂取して食事全体の栄養バランスを考えましょう。またカロリーの量も考えることが大切です。高齢になると少食になったり、タンパク質の摂取量が不足してしまいますが、タンパク質も骨の材料になりますので、意識して摂取することをオススメします。今ではサプリメントも豊富に販売されておりますのでそういったものを活用してもいいかもしれません。

 

次に運動ですが、運動不足というのは骨密度を低下させる原因になります。骨密度低下を防止して増加させるにはウォーキング、ジョギング、エアロビクスであり体重をかける運動をしましょう。もちろんいきなり始めるのはよくないので、毎日の生活の中で階段を積極的に使ったり、出来るだけ長い距離を歩いたりするということを意識してもいいかもしれません。

 

骨粗しょう症というのはなってからでは遅いのでとにかく若い内から対策をしておきましょう。思春期の内に高い骨密度を形成しておくことによって高齢になっても骨密度が低下したとしても骨折リスクが減ります。骨密度というのは18歳にピークに達しますのでそれまでに骨密度を意識した生活をすることをオススメします。